Course Description

CourseTime of admissionMaximum numberCurriculum
2-year courseApril60Preparation for Japanese Language Ability Tests,   Examination for University Admission, or entering Universities/Colleges
1.5-year courseOctober40

Class time

Morning classes  9:00 ~ 12:25
Afternoon classes  13:25 ~ 16:50

School holidays

Sat., Sun. and Japanese national holidays.
Spring vacation mid-Mar.early Apr. (3 weeks)
Summer vacation early Aug.late Aug. (3 weeks)
Winter vacation late Dec.early Jan. (2 weeks)


Requirements for entrance

  1. Those who have at least 12-year schooling in a foreign country.
  2. Those who have studied Japanese more than 150 hours or who have passed the fifth level of Japanese Language Ability Tests or higher.
  3. Those who are in good health, physically and mentally, and have a definite purpose of studying Japanese and plans after graduation.

School fees

April students(2-year
CourseApplication processing feeEntrance feeTuitionCharge for use of facilitiesTotal
1st year20,000
100,000 600,00066,500 770,000
2nd year 600,00050,000 650,000
Total20,000100,0001,200,000116,5001,420,000
(Japanese Yen)

October students(1.5-year
CourseApplication processing feeEntrance feeTuitionCharge for use of facilitiesTotal
1st year20,000100,000 600,00061,000 770,000
2nd year300,00040,000 340,000
Total20,000100,000 900,000 101,000 1,110,000
(Japanese Yen)

〇Other expenses
 In addition to the expenses above, 20,000 yen for course material fee, 10,000 yen for medical examination fee and 20,000 yen for general insurance for foreign students are required, 5,500 yen for JLPT Test fee per test. (3 times for April students, 2 times for October students)
No course fees can be returned after payment. In case the applicant wishes to make a cancellation or his/her visa is not recognized, however, the full amount except the entrance fee (100,000 yen) will be refunded.

Scholarship system
Students with excellent performance may be exempted from tuition or have his/her tuition reduced.


Process to Admission

1.Application

Time of admissionPeriod of application 出願先
April studentsSeptember 1 to November 20
OSAKA INTERNATIONAL ACADEMY OF LANGUAGES
 5-11-27 Himejima,Nishi-Yodogawa-ku,Osaka-shi,Osaka-fu,Japan 555-0033
October studentsMarch 1 to May 20

How to apply
Send all the application documents and the application processing fee (20,000 yen) by registered mail or deliver those items to the school.

2.Selection

Judgment is made by reviewing the submitted documents and conducting a personal interview and a written examination. The dates for interviews and examinations will be announced as soon as they are scheduled.

3.Requesting procedures to Immigration Office

The school will carry out all the procedures for requesting issue of a certificate recognizing residence qualifications from Osaka Immigration Office. (It generally takes one or two months for issue of the certificate.)

4.Result

Whether or not the certificate recognizing residence qualifications is issued will be sent to this school from the immigration office.

5.Payment of school fees

As soon as the result is delivered to us, we will contact the applicant or the agent. Those who were recognized residence qualifications are required to make payment by the designated date. We will send the certificate to the applicant as soon as we confirm that the payment has been made. (Those who wish to pay school fees in installments should consult with us.)

6.Applying for visa

Go to the Japanese Embassy or consulate in your area to apply for visa.

7.Preparation for coming to Japan

Contact us as soon as your visa is given as well as the date of your arrival and the flight number if you have your flight reserved.

8.Coming to Japan

School staff will come and meet you at Kansai International Airport (KIX). You can start your life in Japan as we have a school dormitory.


入学申請に必要なもの

出願提出書類

書類名 詳細及び記入上の注意
1.入学願書
所定書式
  • 氏名の上に、必ずアルファベットを記入して下さい。
  • 日本語か英語で記入して下さい。             (それ以外の言語の場合は日本語訳文を添付して下さい)
  • 職歴、学歴については空白期間のないよう、浪人期間、兵役期間等も記入して下さい。
  • 証明書と実際の日付が異なる場合、または就学年齢や期間が通常と異なる場合等は、それに伴う理由書、それを裏付ける証明書が必要となります。
  • 必ず志願者本人が記入して下さい。
2.志願理由書
  • 日本への留学の目的や留学後の予定などを具体的に記入して下さい。
  • 母国語で記入し、別紙で日本語訳文を添付して下さい。
  • 必ず志願者本人が記入して下さい。
3.日本語学習
  証明書
  • 日本語能力試験4級以上の認定書、または日本語学習証明書を提出して下さい。
  • 学習証明書は、日本語を学習した機関に記入してもらって下さい。(学校からの学習修了書などでも可。ただし、総学習時間や日本語能力を明記し、別紙で日本語訳文を添付して下さい。)
  • 出願時までに150時間以上の学習歴が必要です。
  • J-Test(実用日本語検定)E-F級の人は、認定証明書も併せて提出して下さい。
4.パスポート 
  • 記載のある全ページのコピー。 
 *パスポート未取得の場合は不要。
5.写真
  • 6ヶ月以内に撮影された、正面、無帽、縦4cm×横3cmのもの(10枚)。
  • 裏面に氏名、生年月日を記入して下さい。
  • 1枚は入学願書に貼付して下さい。
6.在学証明書
 在職証明書
現在、在学中の場合 → 在学証明書
職歴がある場合
  • 現在、在職中の場合 → 在職証明書
  • 現在、無職の場合 → 過去の在職証明書
  • 勤務先から派遣された場合 → 派遣証明書及び在職証明書
  • 帰国後、復職予定の場合 → 復職証明書(復職年月が明記されたもの)
    ※ 職歴についての証明書は、会社名、在職期間、職務内容、会社住所、電話番号が記載されたものを提出。
  • 日本語訳文を添付して下さい。
7.卒業証明書
  • 高等学校の卒業証書原本を提出して下さい。
  • 高等学校卒業後、進学している場合は、最終学校の卒業証明書原本も提出して下さい。
  • 休学して来日する場合は、学校からの復学証明書を提出して下さい。
  • 中国で4年制大学本科を卒業された方は、学士学位証書原本を提出して下さい。
  • 日本語訳文を添付して下さい。
8. 成績証明書
  • 高等学校の成績証明書及び最終学校の成績証明書。
  • 年度毎の成績が記載のあるものを提出して下さい。
  • 日本語訳文を添付して下さい。
9.戸籍簿等
  • 申請者の学歴及び経費支弁者の職業が記載された戸籍又はこれに代わる証明書の原本。 (中国の場合は公安部発行「居民戸口簿」の全ページのコピー。)
  • 申請者は卒業証書と同じ最終学歴、経費支弁者は在職証明書と同じ会社、同じ職位で記載されていなければなりません。
  • 身分証明書のコピー。
  • 記載事項に相違がある場合には、予め書き換えや再交付を行って下さい。

経費支弁者提出書類

※本国からの送金による経費を支弁する場合
書類名  詳細及び記入上の注意
1.経費支弁書
  • 経費支弁者本人が母国語で記入し、日本語訳文を添付して下さい。
  • 支弁方法の欄には、「本人の口座に振り込み、または手渡し」という内容を記入して下さい。
  • 入学時、または一時帰国時に手渡しをする場合には、外貨持ち出し証明書等の経費支弁の事実を証明できる記録が必要です。 
    (ビザ変更・更新時に経費支弁がしっかりなされているか確認するためです。)
2.銀行残高
 証明書
  • 経費支弁者名義の預金残高証明書。
  • 海外送金可能な銀行の証明書を提出して下さい。
  • 残高の額については、1.5年コースの場合日本円で約200万円以上、2年コースの場合約250万円以上必要となります。
  • 本国で発行を受ける場合は、預金証書(中国は定期存単)のコピーを添付して下さい。
  • 残高証明書は現地通貨(中国では「人民元」、ベトナムでは「ドン」等)建てでも認められますが、外国送金できる銀行の発行した正式の預金残高証明書でないと不適格とされることがあります。
  • 当該預金金額の形成された経緯がわかる資料(過去3年以上の預金通帳のコピー、財産を売却した証明、その他)。
3.在職証明書 会社員の場合
  • 過去3年分の職歴が証明できる在職証明書。
  • 就職開始日、職務内容/役職の記載のある証明書。
    (勤務先の所在地、電話/FAX 番号が印刷された専用の用紙に記載されたもの、手書きで作成されたものは不可。)
個人経営者の場合
  • 公的機関が発行した営業許可証等、事業に従事していることが証明できる資料。
  • 日本語訳文を添付して下さい。
4.収入証明書会社員の場合
  • 過去3年間の収入の推移が分かる、年次毎の収入証明書。                                                  (勤務先の所在地、電話/FAX 番号が印刷された専用の用紙に記載されたもの、手書きで作成されたものは不可。)
個人経営者の場合
  • 公的機関が発行した個人総所得が明記された納税証明書。
  • 日本語訳文を添付して下さい。
5.申請者との
 関係を証明
 する書類
親族の場合
  • 公的機関発行の証明書(親族関係公証書、戸籍謄本、出生証明書等)。
  • 必ず、氏名、性別、生年月日、現住所、続柄(血縁関係)を全て漏れなく記入して下さい。
そのほかの場合
  • 関係を詳細に証明する書類(取引関係の書類、交際の状況を示す写真、手紙等)。
  • 日本語訳文を添付して下さい。

※日本国内在住者が経費を支弁する場合
書類名 詳細及び記入上の注意
1.経費支弁書
  • 経費支弁者本人が日本語で記入して下さい。
2.銀行残高
 証明書
  • 銀行のオリジナル用紙を使用し、口座番号が記載されているもの。
  • 残高の額については、1.5年コースの場合日本円で約200万円以上、2年コースの場合約250万円以上必要となります。
3.在職証明書会社員の場合
  • 会社が発行する在職証明書。
個人経営者の場合
  • 税務署の押印がある確定申告書の控え(原本)。
会社経営者の場合
  • 会社の登記簿謄本。
4.総所得証明書
  • 県・市町村で発行された過去3年間の納税証明書 (総所得の記載のあるもの)。
  • 住民税の課税(または、非課税)証明書(過去3年分)。
5.住民票
  • 同一世帯に属する全員が記載されたもの。
  • 外国人の方は、外国人登録原票記載事項証明書を提出して下さい。
6.申請者との
 関係を証明
 する書類
親族の場合 そのほかの場合
  • 関係を詳細に証明する書類(取引関係の書類、交際の状況を示す写真、手紙等)。
  • 日本語訳文を添付して下さい。